今回は日本ホラーと似たような空気を出してくれている韓国ホラーの中から、昔懐かしき和風ホラーのあのジットリじわじわ来る雰囲気をよく演出してくれている「狐怪談」について、ご紹介させて頂きます。

「狐怪談」とは勿論邦画でのタイトルでして、怪談と階段をかけているというサムいダジャレです。現代を英語化すると「Wishing Stairs」で、「願いを掛ける階段」でいいんですかね?(英語苦手です)

まぁ、邦題の残念さは大体どのジャンルでも同じなので、そこは放って置いて、本作の内容に話を進める事にしましょうか。

スポンサーリンク

切なる願いを抱えて上ると狐が叶えてくれる

舞台は女子高で、主役2人(特に才能タイプの方)はとても可愛いです。二人はバレエ科に入っていて、入学時から何をするのも一緒の仲の良い親友でした。

しかし、努力型のジンソンは、生まれ持った才能を持っているソヒに勝てる事がなく、いつも2番手。親友として好意を抱いている一方で、勝てない悔しさから嫉妬心も抱いている複雑な心境です。

一方のソヒはジンソンにかなり依存している模様。かなり可愛くて才能もあって明るくて気さくで人気者なのに、ジンソンが大好きみたいですね、ただジンソンの嫉妬には気づいていなかったようですが。

また、願いを掛けに来るのはもう1人。太っている事からイジメられている暗くてかなり内向的なヘジュは、ふとした時に優しくしてくれたソヒに憧れています。

メインはこの3人。あとはクラスメイトや学校の先生、ヘジュをイジメる美術科のかなり気の強い不良娘くらいですかね。

29段目が現れた時、願いが叶う

学校と寄宿舎の間に、28段の何となくいやーな雰囲気がする階段がありまして、その階段が稀にですが29段になる事があるらしいのです。

何か切なる願いを抱えている人が、その叶えたい願いを思い浮かべながら階段を1段1段登っていくと、29段目が現れて、その時に「狐よ、狐、私の願いを叶えておくれ」と叶えたい願いを口にするとその願いを狐が叶えてくれる、という学校の七不思議みたいなのがありました。

何故狐?とかのツッコミは置いといて、そういう伝説がある学校が舞台になっていまして、切なく揺れ動く思春期の少女達はその伝説に縋ってしまうのです。

勿論中途半端な気持ちや遊び半分では29段目が現れる事はありません。本当に、どうしても叶えたいと思っている願いを抱えている人が登る時だけ、29段目が現れます。

どうしても叶えたい、彼女達の願い

最初に願いを叶えに行ったのは、イジメられっ子のヘジュ。彼女は太っている事で他の生徒達からからかわれていて、(素直にダイエットを頑張ればいいのに)、29段目を数えると「痩せますように」とお願いをしました。

すると見違えるようにどんどん痩せていきます。あの子ブタちゃんが、病的な美少女に変身……クラス中が目を見張って彼女の変貌に驚いていました(物凄く変化ですので、ネタバレ見ないで実際に映画を見て下さい笑)

それで、あの階段の伝説は本物なのだと思ったジンソンは早速願いを叶えに行きます。近々バレエのコンクールが行われる事になっていて、コンクールで優勝出来ると海外に留学する事が出来る。

しかし、この学校からコンクールに出場出来るのは1人だけ。ジンソンはソヒに勝てないし、先生達がソヒをコンクールに出そう、みたいな話をしているのを聞いたジンソンは「私をコンクールで勝たせて下さい」と願ってしまう。

そして物凄くジンソン大好きなソヒ。コンクールへの選考会後に2人はケンカをしてしまいます(ケンカというよりも、負けた悔しさとソヒの優しさから一方的にソヒを妬んだジンソンが怒ってただけ)

その時にもみ合いになり、ソヒは階段から落ちて怪我をしてしまい、一生バレエが踊れない体になってしまったのですが、そんな彼女が願ったのは「ずっとジンソンと一緒にいたい」だったのです。

ただ、あなたがいてくれればそれでいいの

怪我をしたソヒの代わりに代表に選ばれ、コンクールで優勝したジンソンは、ソヒに大怪我を負わせた事でクラスの子達から嫌われ、罪悪感からソヒに会いに行く事も出来ません。

しかし、その夜、ジンソンの部屋に歩けないはずのソヒがやってきます。2人は久々に親友として仲良く1晩を過ごすのですが、翌朝ソヒの姿はどこにもありません。

案の定と言いますか、ソヒは昨晩、一生バレエを踊れなくなった体を悲観し、病院から飛び降り自殺をしていたそうです、ジンソンはますますクラスの子達から嫌われます。

そしてソヒに憧れていたヘジュは、彼女が死んでしまった事に嘆き悲しみ、再びあの階段へ向かいます。彼女が願うのはたった1つだけ……「ソヒを返して下さい」

彼女達の切実な願いが複雑に絡まり合い、恐ろしくも切ない悲劇を巻き起こしてしまう。ヘジュの願いが何を呼び起こし、彼女達はどうなるのか、ぜひ、あなたの目で見て下さい。

ここからネタバレです

ヘジュの願い通り、ソヒは返ってきましたが、彼女は既に死者、戻ってきても、元通りの彼女という訳ではありません、もう死んでしまっているのですから。

そしてそんなソヒは願っていました、「ずっとジンソンと一緒に居たい」と。ソヒは死んでしまっていて、ずっと一緒にいるには、ジンソンを連れていく、という事になりますよね。

ヘジュに戻されたソヒは、当初はヘジュの所にいるのですが、段々とジンソンの前に姿を現すようになり、とうとう呼び出し元であるヘジュに取り憑いてしまいます。

散々追い掛け回されたジンソンは恐怖のあまり階段を駆け上がり「すべてを元に戻して!」と叫びます。そして、その願い通りに元に戻ります、ソヒとジンソンが寄り添うように一緒に居る関係に。

これで全員の願いがちゃんと叶いましたが、誰も生き残ってません、よね?ソヒに取り憑かれたヘジュも多分死亡してしまったでしょう、どんな願い事も叶う代わりの代償は、それぞれの命。

ところで、ソヒは才能あふれる美少女で性格もいいのですが、劣等感を感じているジンソンからしてみると、自分よりもずっと上な相手からあっけらかんとされて、「あなたさえいてくれればそれでいい」「愛してるわ」などと好意を言葉でも行動でもバンバンアピールされたら、ちょっと、ねぇ……。

スポンサーリンク