都市伝説をモチーフにしてヒットした「ルール」の続編……かと思いきや、邦題で「ルール」とつけているだけのなんちゃってシリーズが3~6になります。

「ルールシリーズ」として見なければ面白いと言えるかも?いやいや、どうだろう、難しい所ですが、一応こちらもご紹介させて頂きます(6は未見なので今回は5までになります)

スポンサーリンク

願いを叶えてくれるアレ ルール3

主人公は頭はいいが冴えない男子大学生ブレッド。典型的がり勉タイプなので全くモテず、女友達もいなく、クラスメイトからもバカにされる日々です。

そんな彼は学校で1番美人のサマンサに片想いですが、当然こんな冴えない男では振り向いて貰えるはずもなく、相手にもされない悶々とした日々を過ごしていました。

そんなある日、彼の元に謎の小包が届きます。中身は牛のアレと手紙で、そこには「これはあなたの願いを3つ叶えてくれます」と書かれていました。

大して信じてもいなかったのですが、「サマンサとパーティに行きたい」と願ってみるとあら不思議!イケメンボーイフレンドと行くつもりだったサマンサが、「何でかしらないけど、あなたとパーティに行きたくなったの」と誘って来ました。

これにはブレッド大喜び!ですが、パーティが終わればサマンサとの楽しい時間も終了です。当然ですね、「パーティに行きたい」と願っただけなのですから、サマンサも何故ブレッドとパーティに行ったのか分からないまま帰ってしまいました。

それと時を同じくして、学校内で体育会系の男子生徒が無残な死を遂げる事件が起こるようになりました。普通の人間には出来ないような殺し方で、やってきた警察も首を傾げます。

ブレッドに送られてきた例のアレと、校内の殺人事件の関係はあるのか。アレを送ってきたのは一体誰なのか、冴えないブレッド君の恋は実るのか。

なんちゃってシリーズの中でも、これはまだ面白い方なので、お暇でしたらどうぞ。しかし、これ猿の手のパロかな、どうして牛のアレにしたのか、是非聞きたいですね(笑)

短編ドラマ? ルール4

作家のマイクは地元に帰る船に乗っていた時に、誰かが人を船から突き落とすのを目撃してしまいますが、それを見ていたのが彼だけだったので、町の人々は誰も信じてくれません。

何故かと言うと、マイクはこの町を舞台に、この町の人々をモデルに、彼らを馬鹿にしたような小説(殺人鬼とか、二重人格とか、実名で)を書いて売っていたからです、恨まれています。

そんなある日、妹が友達達と遊んでいたボードゲームのカードの中に「人を船から突き落とせ」と書かれていたものを発見し、これが関係しているのではないかとマイクは推理します。

このゲーム、引いたカードの内容を必ず実行しないといけない類のもので、誰かがいれたこのカードの言う通りに子供達がやってしまったのではないかと……しかし、ならば誰がこれを書いて混ぜたのか、謎は深まるばかりです。

そしてこの事件が解決した後、今度はピエロが人々を殺し回っているという事件が起きます。町はお祭りをしていて、殺人ピエロは殺した後に戦利品としてその人の首を斬り取って持って行っているとの事。

1つ前の事件を解決した事で多少は住人の信頼を得る事が出来たマイクは、保安官ルディの協力を借りて殺人ピエロの正体を見破る為に捜査に乗り出します。

これ、元々は海外のドラマ「Glory Days」の中の3作品を無理矢理繋げて1本の映画にしたものだそうです。映画というよりは、海外ドラマのような感覚で、無理矢理話を繋げているから1つ目の事件と2つ目の事件の間は何が起こったのかよく分かりませんでした。

いきなりその後、みたいな感じで始まるので、何の事件を追っているのか分からなくなりましたね。ちょっと一休みしたい方にオススメしておきます。

ルールってそういう意味か! ルール5

とある高校で、アメフト部の生徒が突然「エイベル・フライ」と叫んで意識を失う事件が勃発し、危機を感じた学校側は、政府直属のエージェントに事件の解決を依頼します。

そこで呼ばれてきたのがスプリングフィールド一家で、夫婦とその子供(双子の兄妹)が生徒や用務員、カウンセラーとして校内に潜入し、捜査を始めます。

「エイベル」と言うのは昔イジメを苦に自殺してしまった生徒の名前らしく、生徒達の間ではそのエイベルの呪いでアメフト部の生徒達が倒れてしまっているのではないかという噂が蔓延っていたのです。

そしてスプリングフィールド一家の素晴らしい捜査によると、イアンという生徒が「死の儀式」を行っていて、死んだエイベルを蘇られさせて自分達をイジメるアメフト部の生徒に復讐をしているのではないか、という事です。

イアンをマークする事に決めた一家なのですが、その裏に隠された驚愕の真実に!みたいな感じなのが公表されているあらすじですが、何というか、ス○イキッズ?これも映画というよりはドラマですね。

エリーシャちゃん(双子妹)が可愛いです。彼女と彼女が一目惚れしたアメフト部のイケメン君(最初はイアンをイジメてたりしてたが、エリーシャちゃんと出会い改心した)との恋の行方もピックアップされています。

あと、全国各地を巡るエージェントなので、キャンピングカーでの生活をしなければならず、一定の場所に落ち着けない苦悩も描かれていて、これはホラーではないのは確実ですが、サスペンスに入れてもいいのか悩みどころですね。

スパイアクション&学園青春系が好きな人にはいいかもしれませんね。しかし、この兄妹すごいですね、妹は可愛く頭が良く、兄は柔道黒帯&テコンドーチャンピオン&FBIの特殊訓練を優秀な成績でクリアしているそうですよー。

ちなみに最後に「ルール」の意味を教えてくれまして、それを聞いた時に「ルールってそういう意味か!」と思わず突っ込みを入れてしまいました、そういう意味らしいですよ。

最後にまとめ

3以降は原題はすべて関係がなく、邦題で勝手にルールとしているだけのなんちゃってシリーズなので、とりあえず「これはルールシリーズとは関係ない」と認識しておきましょう。

場合によっては「これはホラーでもサスペンスでもない」と思っておきましょう。期待を低くしておけば、そこまでガッカリ感もないはず、です。

最後にそれぞれの邦題を書いておきますね、ご参考にどうぞ。

ルール1:Urban Legend
ルール2:Urban Legends: Final Cut
ルール 封印された都市伝説:URBAN LEGENDS: BLOODY MARY
ルール3:WishCraft
ルール4:GLORY DAYS/DEMON TOWN
ルール5:Hangman’s Curse
ルール6:TAMARA

スポンサーリンク